【破産】不動産投資でよくある3つの失敗!事例とともに紹介

不動産投資には様々なメリットがありますが必ず成功するとは限りません。

不動産投資には様々な失敗の事例があり、油断しているとあっという間に破産する事態になりかねません。しかし、失敗する事例が分かれば、不動産投資に失敗しないように行動することもできます。

そこで、不動産投資によって起こり得る3つの失敗を事例と共にご説明しましょう。

不動産投資の失敗はこんな実例がある

不動産投資を始めた人は、購入したときから失敗していたわけではありません。しかし、年月が経つにつれて徐々に上手くいかなくなった実例が多くあります。その実例が、以下の通りです。

  • 入居者の募集が上手くいかず、家賃収入が少なくなる一方だった
  • 手数料は安くなっても、必要経費や空室でまとまった収入が得られない
  • 投資物件を購入したけど、リフォーム代などがかさんで赤字続き
  • 収入よりも出費が多くなってしまい、毎月赤字になってしまった
  • 営業マンの話を鵜呑みにしてしまい、問題点があることに気づかなかった

以上を初めとする実例によって不動産投資に失敗してしまったケースがあります。目先のメリットだけで不動産投資を始めようとすると、これらのような失敗をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

ヒラコー
最初はウキウキで購入したものの後になって購入しなければ良かったと後悔するのは不動産投資あるあるです

多少の損害ならすぐに取り返せるかもしれませんが、毎月の赤字やローンの返済、購入した不動産を手放さなければならなくなったりと様々なトラブルに見舞われることになりかねません。

不動産投資によくある3つの失敗️

ここで、不動産投資にある3つの失敗について解説していきます。これまでに不動産投資に挑戦して、短期間で失敗してしまった事例は後を絶ちません。なぜ不動産投資に失敗してしまったかが分かれば、自分が不動産を始める時に注意することができるでしょう。

1他人に言われるがまま、不動産に関わるほとんどを任せきりにする

初めて不動産投資を始めるにあたり、覚えなければならないことは多くあります。そんな時、営業マンから「不動産投資や経営など、不動産に関わることは全て私どもにお任せください」と言われたら、貴方はどうしますか?

本来なら必要な知識を自分で学ぶ必要性があるのに営業マンに言われるがまま全て任せきりにしてしまうと、どうにかできる問題もできなくなってしまう可能性があります。いくら営業マンが「空室リスクがない」「駅から近い」「築浅物件」などといっても、運用し始めたら何が起こるか分かりません。

現時点では確かに魅力的な物件ですが、営業マンに全て任せきりにしていても空室をどうにかしてくれるわけではありませんし、自分が経営することになった途端にリフォーム代や修理代などがかさむこともあるなど、条件が良くても問題が発生することはいくらでもあります。

何より不動産投資を始める際に家賃収入よりもローンの返済額が多いと、毎月赤字になってしまうことも忘れてはなりません。いくら営業マンが強く勧めたとしても、最低でも広く浅い知識を身につけ、どんなリスクが発生するのかを知る必要性があります。

不動産投資は難しくないので、ネットや本などで基本的な知識を勉強すれば怖いものではありません。

2楽観的な未来を予想をしてしまう

よく営業マンは物件を売る為に、「将来的に値上がりするので、今不動産を購入するとおお得ですよ」などといった売り文句を言ってくることがあります。

これを聞くと今が買い時だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

実際、不動産投資によって順調に家賃収入が入ってきて、ローンの返済も滞っていない状態だと安定していると思うものです。

このまま不労所得が得られるようになれば老後の生活も安泰、好きなことをして暮らせると楽観的な未来を予想する人が後を絶ちません。

特に利回りを重視して物件を選ぶのは誰もが陥りやすい失敗です。

今は利回りが良くても、この先それがずっと続く保障はどこにもありません。経営が厳しくなった人に融資してくれる銀行はいないかもしれませんし、メンテナンスの費用がかさんで利回りどころではなくなることもあるでしょう。

対策としては

  • 金利上昇に備えて金利を固定にする
  • 空室が出るリスクも考えておく
  • 地震など災害保険に入っておく

空室が出てしまえば当然、利回りも下がってしまいます。こうしたキャッシュフローに目を向けず、楽観的な未来ばかり予想していると足元をすくわれてしまうことを忘れてはいけません。

3競売物件など難しい物件に最初から手を出す

安くて利回りが良い物件を探す為に競売物件に手を出すのも失敗の元になります。競売物件とは債務の返済が滞った人などを初めとする債権として裁判所が競売に出している物件ですが、初心者が手を出していいような不動産ではありません。

何故なら仮に競売物件を購入できたとしても、部屋の中が荒れ放題で最悪の事態になっているケースがほとんどだからです。入居者がとても住めないような状態のまま放置されている場合、再び住めるようにするまでもはやリフォームするのと変わらないほど料金がかかってしまいます。

対策としては

  • 初期投資の少ない物件(中古1ルームマンンションなど)
  • あまりにも築古の物件は避ける
  • 自己資金なく頭金0円のフルローンで投資を始めない
こんな事例も
こちらの記事でも紹介しているように海外不動産投資もリスクが大きい投資の一つです。これから成長が見込める途上国での不動産投資は購入価格の倍近くの価値にもなったという物件もありますが、反面、手抜き工事や悪徳業者の存在など海外ならではのリスクもあります。100%美味しい不動産投資というのは存在しませんから慎重な行動が求められます

不動産投資のセミナーや資料請求で積極的に情報を集める

不動産投資に失敗してしまうのは、単に不動産投資に関する知識が足りていなかったからです。もしある程度の知識があれば営業マンのトークに飲まれずに済みますし、もっといろんなリスクがあることについて承知しているでしょう。

不動産投資は確かな知識さえあれば成功率を上げることができるビジネスなので、不動産投資を始めようと思ったら事前にしっかりと勉強することが重要です。利回りだけでなく、もっといろんな視点から問題がないか、どんなリスクがあるかを先に考えることもできます。

不動産投資について詳しく勉強するなら、セミナーや不動産投資に関する資料請求を積極的に行うのがおすすめです。セミナーでは不動産投資に失敗しない方法や成功する為のアドバイスなど、多角的な視点から知識を学ぶことができます。

資料請求を行うことで不動産投資を成功させる為の秘訣など様々な知識を学ぶことができるでしょう。勉強した時間は不動産投資の成功率を高めるものであり、勉強すればするほど成功率は上がっていきます。

不動産投資を失敗しない為にも、しっかりと勉強していきましょう。

まとめ

不動産投資はしっかりと勉強して知識が身に付いていれば、そこまで難しく考える必要性がないビジネスだと言えます。不動産投資に失敗してしまうのは自分で考えていないところがあること、そしてその後の未来を楽観的に考えているのが主な原因です。

初心者でもしっかりと勉強すれば失敗しない不動産投資ができるので、これから不動産投資を始めようと思っている人はしっかりと知識を学んでからにするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)